kazubonのブログ

色々書くよ。

ハリーポッター最新作

どうも、カズボンです。

 

今日、本屋で

ハリーポッターと呪いの子

の本を発見しました。

f:id:goodweekend55:20161115165606j:image

【Amazon.co.jp限定】 ホグワーツMAP付き ハリー・ポッターと呪いの子 第一部、第二部 特別リハーサル版 (ハリー・ポッターシリーズ)

【Amazon.co.jp限定】 ホグワーツMAP付き ハリー・ポッターと呪いの子 第一部、第二部 特別リハーサル版 (ハリー・ポッターシリーズ)

 

 僕は本が苦手なので、映画でハリーポッターを見てました。

このハリーポッターと呪いの子の内容です↓↓↓

 

8番目の物語。19年後。

ハリー・ポッターと死の秘宝』での戦いから19年が経ち、父親となったハリーが2人目の子どもをホグワーツ魔法学校へと送り出したその後の物語です。

ハリー・ポッターとして生きるのはもちろんたいへんなことだったのですが、その後のハリーも決して楽ではありません。今やハリーは、夫として、また3人の子を持つ父親として、魔法省の激務に押しつぶされそうな日々をすごしています。

ハリーがすでにけりをつけたはずの過去と取り組まなければならない一方、次男のアルバスは、望んでもいない"ハリー 一家の伝説"という重圧と戦わなければなりません。過去と現実は不吉にからみあい、父も子も痛い真実を知ることになります。

 

引用:静山社ホームページ

 

日本語版がすでに発売されていて書店の主力のように棚に並んでいました。

この本は舞台の脚本ようになっていて、セリフを直接聞いているようで世界観に浸れます。

 

本が苦手な人も読みやすかも…

ぜひ、読んで見ては??